7月5日に三新化学工業株式会社より講師の方をお招きして、企業講話を開催しました。

働くことの意味、そして人生においての目標を生徒たちに問われるとともに、「社会人」=「それぞれの職種のプロ」になることの「厳しさ」と「責任」について実体験を交えながらお話くださいました。

生徒たちはひとりひとり真剣な表情でお話を聞きながら、自らの将来について思いを馳せている様子でした。

高校を卒業後、すぐに就職をすることを考えている生徒にとっては、今過ごしている高校生活が最後の準備期間となります。

悔いの残らぬよう最後の最後まで自分の将来と向き合い、夢に向かって前進していってもらえたらと思います。